法の隙間を縫う | エロ画像ぐらいは無修正で見ようぜ

法の隙間を縫う

法の隙間を縫うと言ってしまうと若干聞こえは悪くなりますが、実際に日本国内で合法に無修正エロ画像や動画を閲覧できるためには、日本国内の法律の管轄外から発信されたものでないと難しくなります。無修正の恩恵を受けられるのは、無修正が合法である海外から発信されているコンテンツが実際にあるためです。

これを自分自身のみでいえでこそこそ楽しむ分には、日本国内でも罪に問われることはありません。見たい放題です。しかし、「せっかくだから他の人にも見てもらおう」として自分のサイトに国内からアップしたり、海外経由のサイトのリンクを張ったりすることは、とがめられる対象となってしまうわけです。

法律とは厳しいものですが、我々の生活を守るためにはなくてはならないものです。とはいえ、このようなアダルトコンテンツなどに対して、明確な線引きをしにくい事象も世の中にはたくさんあります。それをフォローしきれていないのが現状であり、そのためにいろいろな場面に対して各方面で法の解釈が異なっていることも少なくありません。

無修正エロ画像や動画のサイトにリンクを張るといったことも、ページに飛ぶ前に年齢認証などのワンクッションのページをはさめばOKなのではないかという意見もあるようで、その周辺に関しては質が質だけにまだ論議されていない側面があるようです。